2018年度PEクラスからCLILスタート!

ECCジュニアのテレビコマーシャルやホームページでご紹介している学習方法、CLIL。外国語の学習方法の一つで、たとえば英語を学ぶときに、ただ単に単語や文法の暗記だけでなく、英語以外のジャンルの学習を英語を用いて学ぶという学習方法で、ヨーロッパを中心に広がっているものです。Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)の頭文字をとってCLILと呼ばれています。

ECCジュニアではすでにPF、PIクラスで年に4回のCLILを用いたレッスン(I know!のコーナー)があり、子どもたちには大好評です。たとえば今年のPIクラスのあるレッスンでは、いろいろな植物の果実の外観、断面図、花、葉の写真が並んでおり、種の付き方や並び方、花や葉の形や付き方から類似性を発見し、どの植物とどの植物が同じ科かを考えました。そう、理科の内容ですね。これを英語を使って表現していきます。内容自体がとても興味深く、さらに翌週のレッスンでは習った内容が反映された少しまとまった量の文を読む練習をするのですが、その際には、英語のこみいった文法も意識しながら読み込んでいきます。たとえば前出のレッスンだと、同じ科は「the same family」といいますが、theが必要で、同じ科なので科は1つしかなく、familyは単数形です。違う科は「different families」、theは不要で、違う科なので科は2つあり、familiesと複数形になります。こんな難しい文法知識も子どもたちは楽しみながら覚えてしまいます。

こんな楽しいレッスンが、なんと、来年度から始まる新PEクラスではほぼ毎回あるというのです! キャ〜〜なんて楽しみ!

これは研修で聞いた話で、うろ覚えなので軽い気持ちで読んでいただきたいのですが、人間の能力には8つだかの領域、記憶する力、計算する力、運動する力・・・などがあり、それぞれ個人差がとてもあるそうです。記憶する力が弱い子は、英語も記憶するだけの学習ではただ苦手で苦痛なものになってしまうのですがCLILで例えば理科の内容、動物とか恐竜のことを扱えば、英語が嫌いでも恐竜の大好きな子はとても意欲を持って学習し、その際に覚えた言語知識も記憶に残りやすくなるというわけです。

深い思考力、高いコミュニケーション能力を育てる効果が期待されるCLIL。英語学習にいち早くCLILを取り入れたECCジュニアはさすが児童英語教育のパイオニアだなと思います!(自画自賛!?)

PEクラスは初めて英語を学ぶ小4、5、6年生が対象です。当教室ではこのPEクラスは新年度、土曜日15:45〜16:45+16:50〜17:30で開講する予定で、生徒さんを大募集中です! 周りにこの対象年齢のお子様がいらっしゃいましたらぜひぜひ!ご紹介ください!m(_ _)m

Category
Archive